ネットショップサイト(Web Shop)の構築方法パターンのメモ

この記事は2015年4月15日に更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

結構前に書いたものなので、間違いや現状と違っていたらごめんなさい。
m(_ _)m

はじめに

ショップサイトの構築方法は、ものすごく大まかに分けると、簡単に始められる一方で独自性に欠ける「ASP型」と、独自性はあるが多大なコスト(費用と時間)のかかる「開発型」にわかれます。
想定する商品点数と、月額予算の目安がきまれば、かなり絞り込まれます。
以下は簡単な例です。

開発型

自前で開発するタイプ。オリジナルなのでオープン時はもちろん、維持に多大なコストがかかります。
1回の注文(売上)の利用料などは基本的には発生しません。
その中でも完全オリジナルではなく、すでにあるオープンソースパッケージを利用するパターンが以下です。

サーバー上で管理運営するパターン

EC-CUBE

ECサイト構築・リニューアルなら「EC-CUBE」。ASPではできなかった独自性の高いECサイトが、無料で手に入ります。

ZenCart

OSCommerce

高機能なオンラインショップを構築できるフリーのツールに関する情報を公開しています

上記ソフトをサーバーに設置し、商品登録・カスタマイズします。
個人情報・セキュリティ等のリスクもすべて自己管理となります。 (これがリスクとして大きいです)

手元PCで管理運営するパターン

ネットショップ・オーナー5

ネットショップ開業ソフトの決定版!SEOに強く自由度の高いページ作成、携帯ショップ作成機能、会員・ポイント機能、クーポン機能を備えた高機能ショッピングカート、受注管理、顧客管理機能など、成功に不可欠な機能をオールインワンで搭載したネットショップ開業ソフト。
手元PCへ導入後の、月額料金は設置したレンタルサーバー+ドメイン料金のみと手軽です。
管理する手元PCにデータが集中します。

ASP型

「ASP型」は登録可能な商品点数やサーバーの容量(主に商品画像保存用)などによって価格が分かれています。
初期構築時、維持費とも開発型に比べかなり低価格に抑えることが出来ますが、毎月の月額料金が発生します。
1回の注文(売上)に注文処理手数料が発生する場合があります。

カラーミーショップ

http://shop-pro.jp/
※売上ごとに販売手数料がかかります(販売手数料プランの場合)
http://shop-pro.jp/?mode=charge_calamel#c02

出店例

※お試し期間があるので実際に試すとわかりやすいです。

MakeShop

MakeShopの最上位プラン。「売れる」機能をすべて備えた人気No.1プランです。長期契約なら月額費用が最大30%OFF。まずは、15日間の無料体験でMakeShop機能をお試しください。

サンプルショップ

メイクショップのサンプルショップです。MSデパート

サンプル管理画面

ショップサーブ

ネットショップ導入事例

決済方法にクレジット等を導入する場合、上記とは別途に決済サービス会社と契約が必要です。月額利用料・クレジット決済手数料が別途数%で発生します。また、独自ドメインで運用する場合は別途料金がかかる場合があります。
価格の面から言うと、「ASP型」で構築するのが手軽です。

モールに出店

上記の他にYahoo!ショップ、楽天、amazon出店など「巨大モールに出店」する方法がありますが、売り上げロイヤリティが高く、価格競争になりがちのようです。商品によりますが、モールに出店後に自由にできる自前のショップサイトを持ちたくなる傾向があります。
しかし、その分自前での宣伝はコストがかかり大変です。

上記、雑多に書きましたが、上記の中では「ASP型」が無料のお試し期間があるので、実際に試すとわかりやすいです。
まずはとっかかりとして、一つ試してみると他との比較もできますので、良いかと思います。

caay
最後まで読んでいただきありがとうございました!
こんな感じであまり気張らず、ダラダラと、楽しんでやっています。
どうぞよろしくお願いいたします。

もしちょっとでも!ほんのちょっとでも興味を持っていただけたなら!
下のボタンよりフォローお願い致します。
小躍りしながら喜びます!