映画とは何が違うの?スラムドッグ ミリオネアの原作って?

この記事は2014年10月8日に更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

アカデミー賞 映画「スラムドッグ$ミリオネア」原作 「ぼくと1ルピーの神様」

映画「スラムドッグ$ミリオネア」原作者 ヴィカス・スワラップ(Vicas Swarup)

インドのアラハバードに生まれる。 アラハバード大学で、歴史、心理学、哲学を学んだ後、国際関係と異文化への興味から、1986年にインド外務省に入省。外交官として、トルコ (1987-1990)、アメリカ(1993-1997)、エチオピア(1997-2000)、イギリス(2000-2003)に赴任。 2006年8月から、インドの高等弁務官代理としてプレトリア(南アフリカ共和国)に赴任。アーティストの妻と2人の息子がいる。

処女小説となる『ぼくと1ルピーの神様』(原題Q & A) はイギリス、カナダ、アメリカで刊行後、33ヶ国語に翻訳される。 本書は、「英連邦作家賞(Commonwealth Writers’ Prize)」の「最優秀処女長編賞(Best First Book)」の最終選考に残る。 2006年に南アフリカの「Exclusive Books Boeke Prize」を受賞。 イギリスのFilm 4 Productionsが映画化権を取得し、映画「スラムドッグ$ミリオネア」がダニー・ボイルによって監督される。 2008年に本書をベースにしたBBCのラジオドラマが放送され、「Sony Radio Academy Awards 2008」の「Gold Award for Best Drama」を受賞する。 また、ハーパーコリンズ社が刊行したオーディオ・ブックが、「Best Audio Book of the Year 2005」を受賞。 2007年3月には、「Paris Book Fair’s Reader’s Prize」を受賞。 2作目の小説「Six Suspects」は、イギリスのTransworld社から2008年7月に刊行。日本でもランダムハウス講談社より、来春刊行予定。

caay
最後まで読んでいただきありがとうございました! こんな感じであまり気張らず、ダラダラと、楽しんでやっています。 どうぞよろしくお願いいたします。もしちょっとでも!ほんのちょっとでも興味を持っていただけたなら! 下のボタンよりフォローお願い致します。 小躍りしながら喜びます!