Raspberry Pi 3って実際どうなの?買うべき?

スポンサーリンク

いやあ、出ましたね、Raspberry Pi 3 Model B。
Raspberry Pi 4周年目の記念日にリリースとはなかなか粋な感じです。

情報ソースをざっと眺めてみると・・・

http://japan.cnet.com/news/service/35078702/
http://japanese.engadget.com/2016/02/29/64bit-raspberry-pi-3-10-wifi-bluetooth/
新CPU搭載のRaspberry Pi新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」が登場
高速化されたCPUを搭載するRaspberry Piの新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」が登場しました。価格は先代モデルと変わらず35ドルで、日本では5000円前後で購入することが可能です。

A 1.2GHz 64-bit quad-core ARM Cortex-A53 CPU (~10x the performance of Raspberry Pi 1)
Integrated 802.11n wireless LAN and Bluetooth 4.1
Complete compatibility with Raspberry Pi 1 and 2

https://www.raspberrypi.org/blog/raspberry-pi-3-on-sale/

It’s worth noting that these temperatures won’t cause you any problems. The Raspberry Pi 3 will automatically throttle performance if the internal temperature of the SoC reaches around 82 degrees centigrade.

http://blog.pimoroni.com/raspberry-pi-3/

今回のリリースでは、CPUがCortex-A53を採用した1.2Ghz 4 coresの64bit CPUとなり、Raspberry Pi 2に比べてスピードが改善されている点が大きな変更点となります。また、待望のWi-FiとBluetooth 4.1がボードに標準搭載されたことになり、USBドングルを接続しなくても無線ネットワークが利用できるようになりました

Raspberry Pi 3は、必要な電源の容量が2.5Aとなりました。これまでのモデルで推奨されていた、タブレット向けなどの10WのUSBアダプターでも容量が不足することとなりました。

よって、Raspberry Pi 3の性能を出し切るような使い方をする場合は、2.5Aの出力があるUSBアダプターが別途必要になるでしょう。

アイドル状態などの場合はそれほど電力を消費していなかったため、10WのUSBアダプターでも事足りる可能性はあります。

http://www.raspi.jp/2016/02/raspberry-pi-3-and-pi-4th-birthday/

う~ん、消費電力が若干上がって、チップの温度も80度を超えるようなので、連続稼働の場合は注意かな。
処理能力は上がっているんだけど、ヒートシンクで大丈夫なんだろうか・・・ちょっと心配。
日本の技適取得はまだ現在調整中のようですね。(後日OKになったみたい)

個人的にはWi-FiとBluetooth 4.1よりもGigabitイーサネット搭載だったら即買いだったのになぁ・・・
逆にワイヤレスな使い方を考えている人はいいんじゃないでしょうか。
USB給電アダプターは地味に買い増しだなぁ。2.5Aかぁ・・・

アダプターはこのあたりの性能が無いと心配な感じ。
せっかく本体$35なのに買い増しは割高感があるな。

http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=raspberrypi
https://raspberry-pi.ksyic.com/news/page/nwp.id/24

自分的には様子見ですかねぇ・・・
この前2のmodelB買ったばかりだし・・・

https://www.sdmfan.com/20160109-2485.html